シャッターの新しいカタチ。美しく高機能に間仕切るシャッターの新提案がアペリアです。コンセプトは「人とつながるものがいきかう」。店舗、リゾート地、作業スペースなどの間仕切りシャッターとしてお使い頂けます。

トップページに戻る

6. 取付け手順のご説明

アペリア取付工事に伴う必要工具


 

・ インパクトドライバー 

・ チョークリール (上下レールの位置だし)   

・ 水平器 (下地及び上下レールの水平確認)  

・ 下げふり (上下レールの位置だし)    

・ 移動式足場 (間口、高さ、に応じてご用意ください)

 

* その他、現場に応じた工具をご用意下さい。

*施工に必要な工具類、施工者装備類等、完備の上、下記の注意事項をお読みの上、
2〜3人以上の作業員で、正しく施工願います

  otoiawasebana-.jpg

TEL. 0761-76-0006    FAX. 0761-76-4006 

 

 


 

注意 1. 

本体の吊り下げ作業では高さが高いほど転倒の恐れがあります。
充分注意して下さい。
本体の落下・転倒は重大な事故につながります。

施工は、2〜3人以上で行ってください。

*本体の重量は下記の表を参考にして下さい。

1スパン重量
(おおよその重量です)
 高さ
(mm)
 ~2500 2501~ 3000 3001~ 3500 3501~ 4000 4001~ 45004501~5000
 1スパン
(kg)
 12.7 14.8 16.9 19.021.0 23.0

 

● 1スパンの内訳
(アウトドアタイプ)上部ハンガーレール750mm・ブラケット2ヶ・キャンバス1枚・アルミポール1本・スチール走行ポール1本・サポートフレーム2本・キャスター2ヶ

(インドアタイプ)上部ハンガーレール900mm・ブラケット2ヶ・キャンバス1枚・アルミポール1本・スチール走行ポール1本・サポートフレーム2本・キャスター2ヶ

 


 

 注意 2. 

アウトドアタイプの場合、下部埋め込みレールの施工の際は、左右の高低差が生じないようにして下さい。
水平にかつ平行(下地)に 工事をして下さい。

アペリアの開閉と走行性に大きく影響します。

 


 

 注意 3.

上部ハンガーレール取付の際は、本体の重量に充分耐えうるベース(下地)になっているか、
再度、確認を行い構造・素材にあったボルト・ビスで取付けて下さい。

間口・高さが大きくなるにつれ、重量も大きくなります。
また、上部ハンガーレール及び本体の落下・転倒は重大な事故につながります。
 

 


 

注意 4.

上部ハンガーレール・下部埋め込みレール(アウトドアタイプのみ)共に、ジョイント部分は、上下左右の段差が無いようにして下さい。
 

アペリアの性能、特に走行性に大きく影響します。

 


 

 

注意 5.

インドアタイプの場合、オプションの落とし込みソケットを取り付ける際は、必ず地表材質及び地中内部の配管・鉄筋等の有無の確認・調査を行ってください。 

事故、トラブルの原因となります。

 

 

 

 ※ 下記の写真は一例ですので参考にして、次の点に注意し設置して下さい。

 ● ジョイント部分に段差が出来ないようにする。

 ● 左右で高低差が生じないように水平にする。

 ● 上部レール取付面と水平にする。

 ● コンクリートは空洞が出来ないようにする。

 

 

tori02.jpg

 

 

 

02-01.jpg

   ・ ハンガーレールの取付位置を確認し、ブラケットで固定して下さい。
    (注意)  取付のボルト・ビス類は、取付けるベースの構造・素材にあわせてご用意下さい。
 

 

02-02a.jpg

     ・ ブラケットの間隔は、通常約770mmピッチです。
     ・ レールのジョイント部分は、必ずブラケットで固定して下さい。
     (レールの長さ及び、ジョイントの位置に応じて、750ピッチ以下で調整して下さい。)
      (注意)  レールのジョイント継目部分は、段差が出ないように固定して下さい。

 

 

 

 

02-03.jpg


   ・ キャンバスの左右袋部分にポリエチレンパイプを差し込んで下さい。
   ・ ポリエチレンパイプを袋の長さに合わせ、カットして下さい。
     (注意) しっかり先端部まで入っている事を確認してからカットして下さい。
 

 


 

4-1.jpg

 

    ・ キャンバスの上下袋部分に樹脂スイングプレートを差し込んで下さい。
     (注意) 樹脂スイングプレートの端面をキャンバスの端にわせて下さい。
 

 

 

 
 

5-1.jpg

    

     ・ キャンバスの左右袋部分にサポートフレームを差し込んで下さい。
     (注意)  互いの上下・裏表を確認し、組み付けて下さい。

 

5-2.jpg

    ・ キャンバスの上部に印がしてありますので、サポートフレームの端部に合わせて下さい。
     (注意)  上部のみを皿タッピングネジ(4×16)で固定して下さい。
     下部は吊り下げ後、固定します。

 

 

 


 

6-1.jpg

    

    ・ キャンバス中央袋部分の下側から、スチール走行ポールを差し込んで下さい。

 

 

6-2.jpg

 

     ・ キャンバス上部の穴にスチール走行ポールと中間キャスターを合わせ、
     ナベボルトと袋ナット(平・スプリングワッシャー含む)で固定してください。

     (注意)スプリングワッシャーが平らになるまで、しっかり締付けて下さい。

 

 

 

7-1.jpg

    ・ 上部ハンガーレールの一部を外します。
    ・ 上部L字ストッパー、エンドアルミ走行ポール、キャンバス、中間ポールを使用に
     合わせ、挿入及び、吊り下げして下さい。

 

7-2.jpg

     

    ・ 吊り下げの際は、下部埋め込みレールに差し込み、
     次に上部レールにキャスターを挿入します。
     (注意) それぞれの左右、表裏の向きを間違えないようにして下さい。

 

7-3.jpg

     

     ・ 上部L字ストッパーは、エンドアルミ走行ポールの
      クッションゴム側にあるようにして下さい。
     ・ 仕様通りに吊り下げられるか確認後、上部ハンガーレールを元に戻して下さい。

 

 

8-2.jpg

 

8-1.jpg

    ・ アルミ走行ポール(エンド・中間)にサポートフレームを、
     皿ドリルネジ(M3.5×13)で固定して下さい。
     (注意)  アルミ走行ポールとサポートフレームの端部がずれないようにして下さい。

 

 

 

12-1.jpg

    ・ 本体を張り出した状態でキャンバスを下方向(写真↓)に引っ張り、ヨコしわを解消し、
    キャンバス中央部分はモドトラスネジ(4×16)で固定します。

    (注意) キャンバスとスチール走行ポールになじれができないようにして下さい。

 

12-2.jpg

    ・ キャンバス両サイドもキャンバスを下方向(写真↓)に引っ張り、
         ヨコしわを解消し、皿タッピングネジ(4×16)で固定します。
   

 

 

 

 
 

 

 

10-1-1.jpg

     

     ・ 取付位置 (寸法)は別紙構造図を参考にし、かかり具合や位置を調整して   
      固定して下さい。
     ( 架かり具合は、 上下調整金具で 調整して下さい )

 

 

10-2.jpg

 

    ・ 取付位置 (寸法)は別紙構造図を参考にし、かかり具合や位置を調整して固定して下さい。
    ( 架かり具合は、 くの字ストッパー調整金具で 調整して下さい )

    

11-1-1.jpg

 

    ・ 化粧固定プレートでキャンバスを固定します。

    ・ 固定側キャンバスには調整分の余裕がありますので、
     別紙(片端固定構造図)を参考にして調整してください。
     (注意)  固定前に開閉操作を行い、張り出し具合などを確認して下さい。
    ・ 最後に余分なキャンバスを切り取って下さい。
 

 

11-2.jpg

アペリアの販売代理店募集、お気軽にお問合せ下さい

資料請求・見積もりなどのお問合せはコチラから

見積もりは無料。お気軽にお問合せ下さい

テント生地の無料サンプルをさしあげます

問合せ先

お問合せメールはこちらから
お問合せメール
 株式会社 スガモトテント
 代表取締役 菅本清二

■本社
〒922-0241
 石川県加賀市加茂町307
 TEL 0761-76-0006
(平日9:00-18:00受付)
 
FAX 0761-76-4006
 (24時間受付)
 e-mail : info@sugamoto.com


■八日市工場
 石川県加賀市八日市町二9-1
 TEL 0761-75-4400
count