シャッターの新提案! スガモトテントのアペリアは、カラフルでデザイン性に優れた左右開閉のカーテンシャッターです。店舗、スポーツ施設、作業空間の外部でも 内部でも使用できる間仕切りです。

透明ビニールカーテン【クリアーウォール】

  • HOME »
  • 透明ビニールカーテン【クリアーウォール】


目次▼

クリアーウォールとは 感染と予防の豆知識 特長 種類 オプション品 お問合せ ご注文方法 お支払い方法

最初に

透明ビニールシートですが、クリアーウォールで使われている生地には防炎処理が施されています。

『クリアーウォール』

『一般透明ビニール』

上下を見比べていただきますと一目瞭然。

万が一、何らかの誤りでクリアーウォールに火が点いたとしても即座に燃え広がることはありません。落ち着いて消火する時間はありますので安心してお使いいただけます。

クリアーウォールとは?

外出自粛が要請されている中、生活をするためには食品や日用品の買い出しは必須です。また、急を要する外出の際にも人との接触を完全に避けるのはとても難しい世の中になっています。感染防止の対策を行いながら、通常の生活を目指すために使用していただきたいのが、透明ビニールカーテン「クリアーウォール」です。

カウンター越しに接客を行う小売業(コンビニエンスストア、スーパーマーケットなど)、サービス業、企業や市町村役場の窓口カウンター、病院の受付窓口、銀行窓口、医療現場、一般家庭など、様々な場面で感染防止の対策としてご利用いただけます。

感染防止には、人と人の社会的距離(ソーシャルディスタンス)が2メートル必要と言われていますが、2メートルでは接客時の会話を成り立たせることが困難な場合が多いかと思われます。そのような時に、お客様と店員さんの間に仕切りとして、透明ビニールカーテン「クリアーウォール」を設置していただくことで、接客時や会計時の飛沫感染防止が図れるでしょう。

製品自体、とても軽いもので、使い方は上から吊り下げたり、一般的なカーテンのように左右に開閉したりと、手軽で簡単です。透明ですから、カーテンを隔てて対面する方の表情も見えますし、防音にはなっていませんので、お互いに飛沫を極力防ぎながら安心してお話しできるものです。

是非、一度ご検討くださいますようお願いいたします。

▲目次

感染と予防についての豆知識

コロナウイルスとは?

これまでに、人に感染する「コロナウイルス」は、7種類見つかっており、その中の一つが、昨年12月以降に問題となっている、「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。
このうち、4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め、多くは軽症です。 残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERA)」です。
コロナウイルスはあらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀です。また、アルコール消毒(70%)などで感染力を失うことが知られています。

どのように感染する?

新型コロナウイルス感染症がどのように感染するのかについては、現時点では、飛沫感染と接触感染の2つが考えられます。

①接触感染・・・感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れてウイルスが付き、別の人がその物に触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。※主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

②飛沫感染・・・感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出され別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染します。※主な感染場所:学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所

対策方法は?

一般的な衛生対策として、咳エチケットや手洗い、アルコール消毒などを行ないましょう。

手など皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコール(70%)を、物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効であることが分かっています。

詳しくは国立感染症研究所の HP「新型コロナウイルス(2019-nCoVに 掲載の関連するガイダンスをご参照ください。

▲目次

【クリアーウォール】の特長

クリアーウォールの生地には、透明度が高くクリアな視界が確保できる防炎の0.15㎜厚のビニールシートを採用しています。カーテンの上部は、25㎝の感覚で歯止加工(穴を空けプラスティックの輪っかのようなもので止める)を施しておりフックにかけやすい仕様です。カーテンの両端部も15㎜の曲げ加工を施しているので、破れにくい仕様にしております。カーテンの下部は切りっぱなしですので、長いものをご購入いただいた場合はお好きなサイズに切ってご利用いただくことも可能です。

ビニールカーテンを利用することにより、飛沫範囲を最小限に抑えます。お使いになられる環境に合わせてカーテンタイプ、吊り下げタイプなど、身近にある色々な材料を使用して簡単に取り付けが可能です。

感染症が蔓延していたとしても、日常生活や業務において、受付やレジ、相談事や交渉時など、どうしても人と対面する場合は多々ありますから、クリアーウォールによって、感染症の原因の一つである飛沫を防ぐとともに、お互いに相手の表情が見えれば、双方ともに安心感を得ることができるものです。

『相手の顔が見える』というのはそれほど重要な事なのです。

▲目次

【クリアーウォール】の種類と価格表(表示は税抜き価格、運賃別途)

当社で取り扱っているのは以下の2種類です。

オプション商品は、生地のみタイプと合わせてのご購入をお勧めしております。取り付け例もご紹介しておりますので、参考にしてみてください。

1.ビニールカーテン開閉用レール付タイプ

サイズ:(幅)1.8m(6尺)または2.7m(9尺)※1尺=0.3m (高さ)1.0m~3.0m

仕 様:(生地)透明ビニール「フラーレ0.15㎜厚」、3方15㎜曲げ加工(下部は切りっ放し)、上部に250㎜ずつハトメ打ち

レール:一般カーテンレール「V17」、工事用セット(レール、キャップストップ、ランナー、マグネットランナー両端分、ブラケット※天井付け or 側面=壁付け)が含まれた料金です。

2.ビニールカーテン生地のみタイプ

サイズ:(幅)1.8m(6尺)または2.7m(9尺)※1尺=0.3m (高さ)1.0m~3.0m

仕 様:(生地)透明ビニール「フラーレ0.15㎜厚」、3方15㎜曲げ加工(下部は切りっ放し)、上部に250㎜ずつハトメ打ち

クリアーウォールにつきまして、ご不明な点やご注文のご希望などがございましたら、下記バナーより、お気軽にお問い合わせください。

※取り付け例

(1)ヒートンを使って天井から吊り下げる場合
必要なもの:ビニールカーテン、ヒートン(最低2つ)※ヒートンとは・・・先端がネジのようになっているフック
①ビニールカーテンを吊り下げたい位置の天井部分にヒートンをカーテンの幅に合わせて取り付ける
②ヒートンのフック部分にビニールカーテンの上部に開いている穴の部分でひっかけて吊り下げる
※ビニールカーテンは軽量ですが、万が一落下が心配な場合は、天井の下地(補強部分)があるところにヒートンを取り付けてください。

(2)突っ張り棒を使って吊り下げる場合
必要なもの:ビニールカーテン、突っ張り棒、S字フック
①ビニールカーテンを取り付けたい両端部分(壁など)に突っ張り棒を取り付ける
②突っ張り棒にS字フックをかける
③S字フックにビニールカーテン上部に開いている穴の部分でひっかけて吊り下げる

(3)S字フックを使って天井から吊り下げる場合

必要なもの:ビニールカーテン、S字フック、紐またはグランドフック※写真では左右に這わせた吊り下げていますが、S字フックだけでは吊り下げることはできませんので、左右に紐を張るなり、〇枠のように天井から吊り下げることができるよう、引っ掛ける付属品をご準備ください。
①ビニールカーテンを取り付けたい両端分に紐を這わせるか、天井からヒートンやグランドフックなどでS字フックの受けを取り付ける
②紐または受けの部材にS字フックをかける
③S字フックにビニールカーテン上部に空いている穴の部分でひっかけて吊り下げる。

 

(4)マットクリッパーを使って吊り下げる場合

必要なもの:ビニールカーテン、マットクリッパー、紐またはヒートンまたはグランドフック※写真では左右に這わせた吊り下げていますが、マットクリッパーだけでは吊り下げることはできませんので、左右に紐を張るなり、〇枠のように天井から吊り下げることができるよう、引っ掛ける付属品をご準備ください。
①ビニールカーテンを取り付けたい両端部分(壁など)に紐、または天井からヒートンやグランドフックなどでマットクリッパーの受けを取り付ける
②紐または受けの部材にマットクリッパーをかける
③マットクリッパーにて生地上部をバランスよく挟む。穴の位置に拘らなくてもよろしいですし、ご要望があれば、マットクリッパーの場合、ビニールカーテンには穴を開けずにお渡しいたします。

 

(5)ネックハンガーを使って吊り下げる場合
必要なもの:ビニールカーテン、ネックハンガー、紐またはヒートンまたはグランドフック※写真では左右に這わせた吊り下げていますが、ネックハンガーだけでは吊り下げることはできませんので、左右に紐を張るなり、〇枠のように天井から吊り下げることができるよう、引っ掛ける付属品をご準備ください。
①ビニールカーテンを取り付けたい両端部分(壁など)に紐、または天井からヒートンやグランドフックなどでネットハンガーーの受けを取り付ける
②紐または受けの部材にネックハンガーをかける
③ネックハンガーにビニールカーテン上部に空いている穴の部分でひっかけて吊り下げる。

以上は、あくまでも取り付け例です。落下する恐れがある場所は避けていただき、十分に注意をして安全なところに取り付けを行ってください。

3.オプション商品

▲目次

お問い合せフォーム

クリアーウォールにつきまして、ご不明な点やご注文のご希望がございましたら、下記バナーより、お気軽にお問い合わせください。

▲目次

ご注文方法について

0761-76-0006にお電話いただき、担当者(前出、中出)に口頭にてご注文内容をお伝えいただくか、上記お問い合わせフォームよりご注文をお願いいたします。

▲目次

お支払方法について

ご注文確定後に金額とお支払方法をこちらからご連絡いたします。入金確認後、実働営業日で3日~1週間以内に商品を発送いたします。

▲目次

 

《HPトップ》

株式会社スガモトテント TEL 0761-76-0006 平日9:00~17:00(土日祝日は除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社スガモトテント All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.