シャッターの新提案! スガモトテントのアペリアは、カラフルでデザイン性に優れた左右開閉のカーテンシャッターです。店舗、スポーツ施設、作業空間の外部でも 内部でも使用できる間仕切りです。

採用情報

 

 

・ご挨拶

歴史と伝統の街ここ石川県加賀市にて、昭和30年(1955年)の創業以来60年以上を石川県を中心に様々なテント事業やイベント事業のお手伝いしてまいりました。ひとえに皆様の「笑顔づくり」をしたい!という思いを胸に、テント倉庫や間仕切カーテン、オーニング、カバーなど規模の大小や法人個人問わないテント事業と、国体や全国植樹祭など大規模イベントから町内祭りなど小規模イベントまでのイベント事業の2つの事業を全力で取り組んできました結果、おかげさまで北陸有数のテント会社として名前をあげていただくまでになりました。
近年はテント事業やイベント事業だけではなく、「カーテンシャッター・アペリア」、「内照タワーサイン・ビィーファイン、スクープ」、「看板ひさしテント・バカうれテント.」などのオリジナルな自社製品開発にも力を注いで、日本全国の皆様の「笑顔づくり」に励んでおります。

この「笑顔づくり」は一人ではなかなかできませんが、スタッフ全員でこの「笑顔づくり」に向かって取り組んでおります。あなたもぜひ私たちと一緒に「笑顔づくり」をしませんか?

・世にないオリジナル商品づくりで喜ばせたい

当社の根幹事業の一つは「オリジナルテント事業部」で、こちらでは、お店の玄関の日除けとしてよく見られるオーニングや軒だしテント、工場内を区画する間仕切りやカーテン、室外機やタイヤなどにかけるシートカバー、用途多様の平シート、町内や学校の運動会等でよく見られるパイプテント販売、大きいものになるとテント倉庫といったテント生地定番の製品のみならず、「カーテンシャッター・アペリア」、「パワーカーテン・シャット」、「内照タワーサイン・ビィーファイン」、「内照タワーサイン・スクープ」、「大型テントハウス・ビッグザウルス」といった自社開発のオリジナル製品を日本全国に送り出しています。
特に「カーテンシャッター・アペリア」は特許取得のM型収納で今までにないコンパクトな収納を実現し、また、今までなかったキャンバス生地を簡単に交換できるシステムや施工の容易さを可能にして、カーテン業界に一石を投じ話題になりました。
九谷焼や山中漆器などな歴史と伝統の街・加賀からMADE IN JAPANの美しく正確なものづくりでお客様に喜んでいただいております。
当社のオリジナルテント事業部では、好奇心を持ち続け、「こんな製品があったらみんなが喜ぶんじゃないか?」
と常に探求する心がある人が向いているお仕事だと感じますし、また、そのような方をお待ちしております。

・イベントづくりでお客様を喜ばせたい

当社でイベント設営などを担当するのが「イベント事業部」です。イベントを開催するまでには綿密な打ち合わせから当日までの段取りや資材の用意など事前の準備が大変重要です。「本当にこの内容でよいか?」「もっとお客様が楽しめる事はないか?」などギリギリまでみんなでアイデアを出し合って、「来てよかった!」「おもしろかった!」「楽しかった!」とお客様に喜んでいただけるイベントができるように日々取り組んでおります。
「楽しい仕事」はあっても「楽な仕事」というものは社会にありません。もちろん、イベント設営の仕事も例外ではなく、時には深夜に準備したりすることもありますし、イベントは一般社会が休日の時に開催されることが大半のため、社休日でも出勤することになる職種ですが、お客様に喜んでいただけた時の嬉しさや達成感は他の仕事を凌駕する、やりがいのある「楽しい仕事」です。

また、イベント事業部でも当店オリジナル商品の全国販売を展開しており、それが「看板ひさしテント・バカうれテント.」です。
「看板ひさしテント・バカうれテント.」は近年急成長を続けているイベント事業をより盛り上げるためにつくられた画期的なイベント特化のテントです。
今まで使われてきたイベントでのテントは、画一的で汎用性が高いテントですが、イベント会場で「没個性」や「地味」など、しばし露呈する欠点がありました。それら欠点を無くし、イベントに特化したテントが「看板ひさしテント・バカうれテント.」です。

 

目次一覧

【▼求める人物像】 【▼当社事業及び福利厚生】 【▼企業情報】 【▼募集要項】 【▼応募方法】

 

・お客さまの”笑顔づくり”のお手伝いをする。そんな私たちの考えに共感し、元気で前向きな気持ちを持った人との出会いを楽しみにしています。

・モノづくりが好きな人

・イベントが好きな人

・新しいことに興味を持ち、チャレンジ精神を持つ人

・プラス思考で物事をとらえられる人

 

目次一覧に戻る

 

・オリジナルテント事業部

オリジナルテント事業部では主に「カーテンシャッター・アペリア」を中心とした自社開発のオリジナル商品を製造・販売しております。
歴史と文化の街の加賀にてMADE IN JAPANに恥じない美しく高品質・高精度の製品を作っています。


色彩豊かで美しさを追求したカーテンシャッター「アペリア」は仕切りとしてでなく、広告塔としても活躍します


内照タワーサイン「Be-Fine」と「Scoop」は昼夜問わずあなたのお店を宣伝します。


大型テントハウス「BIG ZAURUS」は外壁がテント生地で出来ていますので経済的にお得です。


その他さまざまなテント生地製品を、文字入れやイラストプリントも含めて、製作販売しています。


・イベント事業部

イベント事業部では、お祭りやスポーツなどのイベント会場の設営や、地鎮祭やテープカットといった式典、模擬店商品や遊具のレンタル業務を行っています。


マラソン大会や自転車イベントなど設営・運営・サポートしています


町内祭りや各イベントで「にぎわい」を作って盛り上げています



屋内外問わずイベントの設営を請け負います


その他、町内祭や学校の文化祭などで使用する商品をレンタルしています


・スタッフの絆に自信があります

楽しむことが大好きなスタッフが集まっていますので、みんなでワイワイガヤガヤ何かしら行っています。真面目に取り組むときは真面目に、楽しむときはとことん楽しむ。これがスガモトテントのスタッフです。


定番の納涼会や


新年会はもちろん、


季節の節目にスタッフのご家族も招待してバーベキューをやったり、


時には少しだけ遠くの日帰り旅行に出掛けたり、

数年の一度ではありますが、慰安旅行では、

主に海を越えて、沖縄に行くこともあれば、


国内に留まらず、むしろ海外旅行が多く、2012年と2018年にはハワイへ行って、

さらに過去にはシンガポールやテニアン、グァムへも行ってきました。
スタッフの結束と供に、福利厚生も充実していると自負しています。

目次一覧に戻る

 

会社名 株式会社 スガモトテント

代表者 代表取締役 菅本 清二

■ 本社
〒922-0241 石川県加賀市加茂町307番地 TEL : 0761-76-0006 / FAX : 0761-76-4006
e-mail : info@sugamoto.com

■ 八日市工場
石川県加賀市八日市町二9-1番地 TEL : 0761-75-4400

 

アクセス

目次一覧に戻る

 

 

■ 募集対象となる方
高校卒業以上 40歳以下(例外事由3号のイ)
※要普通免許(希望職種によってAT限定可、現場志望の場合は2007年6月以降免許取得であれば要中型免許)
●未経験の方、大歓迎!
●中途採用あり!
●明るく元気に挨拶ができる方
●笑顔の素敵な人を求めています。
●地元で働きたい方、大歓迎!

■ 福利厚生
社会保険完備(労災、雇用、年金、健康)
産前産後休暇、育児休暇有
交通費支給(徒歩でも5000円支給)
車通勤OK
昇給査定年1回
賞与実績有(2018年度/年2回)
社員旅行(2年に1回程度)
残業月平均10時間~15時間。
入社一年目の試用期間は賞与なし
3ヶ月の試用期間有
定年制65歳、再雇用制70歳有

■ 給 与
月給184,200円~262,500円※基本給+役職等級手当+職務遂行手当+時間外+通勤手当+皆勤手当

■ 年間休日105日 (前年実績)
日曜、祝日、
土曜日(平均で月に2~3回程度)
有給(入社後半年で10日、当社決算期以降1日ずつ追加最大20日)、祝日、夏季、年末年始、慶弔休暇(慶事は最大5日、服喪は最大3日)

産前産後休暇、育児休暇の取得実績があります。「目指すのは一生を共に出来るメンバー」です。細くでもいいから、ずっとスガモトの社員でいて欲しいと思っています。
結婚、出産、子育てを経験しながらも働き続ける社員は何人もいます。

目次一覧に戻る

 

まずは、当社 採用担当までお電話でご連絡をお願いします。
随時、面接を行います。

お電話の際は「スガモトテントHPの採用情報」を見て」と言ってくださいますようお願い致します。

(連絡先)
株式会社 スガモトテント TEL 0761-76-0006 (平日9:00-17:00受付)
メール info@sugamototent.com

目次一覧に戻る

株式会社スガモトテント TEL 0761-76-0006 平日9:00~17:00(土日祝日は除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社スガモトテント All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.