イベント事業部

この度、松が丘町内会の地域祭りでモテナシテントが設置されたのを受け、本番当日、撮影してきました。
今回、12台現地で設営されていてさらに10台が並んでいたのですが、並んで建っているとかなり壮観で、今までの「お祭りのイメージ」とは大きく様変わりした感が強かったにもかかわらず、違和感なくそこに建っていたのが印象的でした。

元々、モテナシテントは「イベント特化型」のテントが売りでしたが、実際に建っている姿を見て、なるほど、違和感のない佇まいとともに、それでも目立つ様は、「イベント特化型」を冠するだけのことはあるな、とひいき目でもなんでもなく、再認識させられました。
(総務部 前出竜太)

思い切って自作のイラストで看板を作りました。
自分の作ったイラストが看板になって人の目に触れるというのはなかなか気恥ずかしいものですけど、目立つ形のテントなだけに受けが良くてホッとしました。
自分の看板を目印に、子供たちを中心にお客様が来てくれて、さらに嬉しくなりました。
機会がありましたら、また自作したいと思います。
(イベント事業部 山中俊裕)

モテナシテントのレンタルも増えてきて、現場で設営する機会も多くなってきました。
実際に設営していてもよく見かける差し込みフレームのテントと変わらずにできますので、労力はほとんど同じで、今までよりも目立ち、雨や日差しを防げるのは、やはり魅力だと思います。
今後もまだまだ進化していくと思いますので、使用される方も、設営する側も、期待がいっぱいのテントだと改めて思いました。
(イベント事業部 塗師悠太)

ネット事業部

京都に新しくオープンしたビーチ沿いのグランピング宿泊施設の日よけテントシートを製作させていただきました。
大きな三角形の日よけテントで、欧州ならではのファッショナブルで豊富なカラーバリエーションと、高さが最大9mにもなる大きなシートを頂点は一か所で支えるため伸び率が小さく引裂き強度が強い生地特性とが、大きな決め手となり、フランスのセルジュ・フェラーリ社製のsoltis86を採用していただきました。今回は、ブルー、レッド、イエロー、バンブー(黄緑)、モスグリーン、オレンジの6色を採用。

 

【生地の特徴】
日射遮蔽と透光性のバランスに優れた眺望性・透視性、・長期の耐候性と耐UV性を持つ軽量生地で100%リサイクルです。
そのため、効率的な日射遮蔽環境を作ります。自然光を十分に取り入れ、建物の遮熱性を高めます。そのため、適度な光の環境を作り出せます。

休憩や食事をされるスペースには、突然の雨にも対応できるようメッシュではなく、でも太陽光を優しく取り入れるソルテリアを使用し、コットン調の優しい風合いの生地が、ビーチ沿いのリゾートによく馴染みます。
(ネット事業部 大坂栄日)