旧年中は一方ならぬご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
昨年は、平成最終の年にして新元号で、2019年の漢字一字に選ばれた『令』和最初の年。平成と令和、2つの元号に纏わる祝賀行事(平成天皇陛下御在位三十年記念式典、退位礼正殿の儀、剣璽等承継の儀、即位後朝見の儀、即位礼正殿の儀など)を中心に皇室行事に注目が集まった年でした。それらの皇室行事が年に何度もあり、それらすべてが大々的に時間を取って中継されたことで、世界最古の、2000年以上途切れることなく受け継がれてきた天皇陛下という日本の文化を国民一人一人が何らかの形で享受でき、また、日本人として誇りを感じた年でした。さて、今年は東京オリンピック・パラリンピック開催の年。否が応でも世界中から日本が注目される年であり、日本国憲法第9条が示す通りで、世界中のどの国よりも平和である我が国で『平和の祭典』オリンピック・パラリンピックが開催されることは実に感慨深いものがあります。世界中から来日される人たちをおもてなす年に相応しい製品を当社では開発しており、昨年、イベント特化型のオリジナル製品で令和元年度プレミアム石川ブランドを受賞した、看板ひさしテント「モテナシテント」の知名度をさらに上げるべく、通常営業はもちろん、DM、ホームページ、1円メール、展示会と様々なことをやってきました。現在はSNSによる拡散やペルソナ手法を用いた疑似物語の研究も進めている最中です。
どの方法もまだまだ、広く浅くといった感はありますが、それがどんな形であれ目的は変わっていませんので、今は結果に結び付いていないとしても、将来的にはすべてが糧になると信じています。もちろん、モテナシテントのみならずカーテンシャッター「アペリア」を始めとしたテント関連製品の精度をこれまで以上に高めていき、本年も、お世話になっている皆様方のお力になるべく、私はもちろん、当社スタッフ一同、邁進する所存でございますので、今年もまた、変わらぬご愛顧並びにご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

イベント事業部

今回、愛知県名古屋市のポートメッセなごやで開かれました展示会には4日間で全国から70,000人の方々が訪れたとのことです。
今回の展示会には多種類の新商品が全国から集まりました。「モテナシテント」のブースにも数多くの方々が立ち寄って頂き、思いがけない業種の方からも興味を思ってもらったりと、私たちにとっても良い刺激になりました。

実際、見てもらう事で、「おもしろいね」、「今まであったようでなかったね」、「こんな所で利用できそうだなぁ」
と、良い意見が多く聞く事ができました。
(イベント事業部 東木健吾)

この度は東京ビッグサイト青海展示棟にてモテナシテントを展示させていただきました。
とても、たくさんの人にブースへ来ていただき、見ていただき、触れていただき、説明を聞いていただきました。みなさん共通して言われることがありました。それは『面白い』という言葉です。
それぞれ解釈は様々ですが、形、発想、アイディアに関してと色々な好評を頂きました。今回の展示会で頂戴しましたお言葉を踏まえ、イベントに特化したイベント専用のテントをまだ知らない人たちへも、もっと知って頂きたいと思います。新たな出会いも求めて。
(イベント事業部 菅本大輔)

オリジナルテント事業部

今回は、石川県能美市内の某企業様に、これからの暴風雪に備え、製品保護ブースを設置させていただきました。

既存の下屋製品置き場に天井波板と開閉式の芯材カーテンを取付させていただきました。使用部材はメッキ仕様で錆にくく、耐久性のあるものを使用しております。
天気の良い日は開放させ、ブース内の湿気を取り除くことも可能になっており、製品の品質を保持しております。
(オリジナルテント事業部 大家康孝)