雨や雪を防ぐために使用するので強度も必要となり、間口も広いことから本体重量も大きくなるのが必然なのですが、加えて『スライド式』ということで、キャスターの役割が大きな『ウェイト』を占めます。 そこで今回は、1個あたり500㎏まで耐えられるキャスターを4個使用しました。スムーズに動き、間口いっぱいの開口がありますので使いやすい、との声を頂いております。(テント課第一 佐竹大介)

今回は(公社)加賀青年会議所様の50周年記念式典のお手伝いでしたが、基本、式典というイベントは一生に一度のことですので、会場を企画運営するにもお客様の思いを表現できるよう、そして心に残るよう、いつも心掛けています。(イベント課 東木健吾)

2014年サッカーワールドカップイヤーではありますが、こんなスポーツがある事をご存知でしょうか。サッカー(フットボール)とゴルフ、この異なるスポーツを融合した新しいスポーツが「フットボールゴルフ」。サッカーボールの5号球を使い、ゴルフコースで9ホール、または18ホールをラウンドを回ります。「サッカーボールを蹴ってゴルフをする」ことをイメージすると分かりやすいでしょうか。フットボールゴルフは、2009年にオランダでルール化されると、2012年にはハンガリーで第1回ワールドカップを開催。レアルマドリードのような世界的なチームや引退した元名プレーヤーもこのスポーツを楽しんでいるそうで。欧米を中心に既に世界の30カ国以上で競技が行われるなど急速に普及しており、現在最も注目されているスポーツとなっています。老若男女問わずプレーができて走り続ける事も無く、程よい体力の消耗で良いのではないでしょうか。 ただ、いざやってみると、意外と難しかったりするのではないでしょうか・・・(テント課第二 幸松光子)

世界中が熱狂しているサッカーワールドカップ。惜しくも日本は決勝トーナメントに進むことは出来ませんでしたが、我が社にはサッカー経験者が多数居まして、休憩中はサッカー談義に華が咲いております。さて、我が社では、お客様から夏場に向けての環境対策(空調)関連の問い合わせが増えてくる時期であります。工場内パーテーションをメインに屋外の日除けテント等も含めてブラジルで最高のパフォーマンスを魅せてくれる選手たち同様、作業される方が安全で快適なパフォーマンスを発揮できるよう、帆布の持つ力をPRしていきたいと思っております。(製造課 津幡大輔)

以前、心躍る季節として3月から4月を上げましたが、実のところ、この7月も心躍る季節と感じていまして、まあ、学生時代は長期休みの夏休みがすぐそこまで来ているから、というのが一番の理由だったことは否定しませんが、夏休みがなくなった今でも、何故か7月という響きはわくわくします。梅雨が明けて『明るく』感じるからでしょうか。それとも学生時代の名残りでしょうか。いやいや、多分、『何か』がとっても旨くなる季節だからでしょう。ちなみに私自身はあまり『飲めない』ものではありますが。(^^;)(前出竜太)