今年も温泉ライダーin加賀温泉郷2014をお手伝いさせて頂きました。コースの変更もあり、難しくなったコースだったのですがライダー達は最高のパフォーマンスを魅せてくれました。初めての気球打ち上げということもあり、当日は天候にも恵まれ、大盛況でした。

世の中には数えきれないほどの職業が存在します。みんな自分の携わっている職業に誇りを持って取り組んでいるわけですが、GfK Vereinという団体が世界25国に最も信頼できる職業は何かアンケートを取ったとかで、グローバルスタンダードが定型句のように取り扱われる昨今、こういったものも面白いのではないかと思います。さて、その結果、栄えある世界で最も信頼できる職業とは何だったのでしょうか。答えは『消防士』でなんと25カ国中15カ国が、そう回答しました。では、その他の10カ国は何だったのでしょう。9カ国、紹介させていただきます。韓国、オーストラリア、そして我が国・日本が最も信頼する職業は「看護師」。ケニア、南アフリカ、インドネシアは「医者」、スウェーデンは「救急救命士」、トルコでは「薬剤師」、インドでは「兵士」でした。これらの仕事に共通しているのは、医療関係か、自己犠牲がともなう仕事であるということ、そしてもう一つ『人命を預かる』仕事です。言われてみれば、なるほど、と言う結果ですね。一つだけでしかも一度きりしかない命を預けるとなると相当信用が出来ないといけませんから。ちなみに、このときは同時に『最も信頼できない職業』もアンケートをとっているのですが、まあ、その結果は割愛と言うことで。(笑) GLOBAL STUDY ON TRUST IN PROFESSIONSより

オリジナル部門では現在「カーテンシャター アペリア」の屋内仕様とカーブタイプ仕様を開発中です。少しでもお客様の声にお応えできるように日々スタッフ全員で努力しております。また完成しましたら皆様にご報告させていただきますので、もうしばらくお待ちください。(オリジナル課 菅本勇気)

6月と言えば、小学生の頃、歯の衛生『月間』に当てられてまして、この月は朝晩の歯磨きを義務付けられたもので当時は嫌々やっていましたが、大人になってその意味が分かるようになり、毎朝毎晩歯磨きするのが習慣になりました。おかげさまで今のところ、自分の歯はすべて自前です。当たり前が一番大切なこと、というのは個人的には幼少時に目のことを通じて知っているつもりなのですが、歯も『食事』というとても大切な行動を支えていることを思うと、丈夫な『歯』が当たり前でなければ、という風に考えます。(前出竜太)