旧年中は一方ならぬご厚情を賜り、心より御礼申し上げます。2013年は、国内外ともに始まりは、明るい話題は乏しく、淡々と過ぎて行った感があったのですが、夏の終わりも近づいた9月7日に2020年東京オリンピック・パラリンピック開催が決定したとの一報を聞いたとき、日本の過去20年間の閉塞感をようやく払拭してくれる時代が到来した、という予感を抱きました。前回の東京オリンピックが開催された1964年と言えば、高度成長期の真っ只中で、当時、「子ども(を含めた大衆)に人気のあるもの」の代名詞として、「巨人・大鵬・玉子焼き」というものが有名でしたけれども、その象徴でありました長嶋茂雄氏と元横綱大鵬関が国民栄誉賞を受賞した2013年に東京オリンピック開催が決まるというのも、何かの縁なのでしょうか。巷では現在、「黄金の7年間」とまで言われ、オリンピック成功のために世の中が躍動し始めております。既に首都圏では巨大なインフラ整備が始まっているとのことで、首都圏を中心に日本中が活気に溢れるのではないでしょうか。また、高度成長期の象徴の一つであった新幹線が、北陸でも、もうすぐ開通し、陸からの時間も短縮されます。しかし反面、消費税を始めとした各種税金各種保険などの負担が個人法人問わず増大していく始まりの年でもあり、景気回復の予感に浮かれるばかりでなく、景気浮揚の上昇気流に乗る前に、飛び立つための足元を崩さぬよう、気を引き締めている次第です。とは言え、今後、景況感が上向くことは確かでしょうし、過去に学ぶ、という思いが無いわけでもありませんが、20世紀、昭和の高度成長期のときのように、21世紀でも再び、平成の高度成長への期待が膨らむ今後、期待するだけでなく、皆様とともに、今年の干支にちなんで『勝ち馬』に乗る為、社員一同、邁進していく所存でございます。皆様のご期待に添うべく、よりいっそうのサービス向上に努めてまいりますので、本年も引き続き、倍旧のご指導ご鞭撻を賜りたく、何卒、宜しくお願い申し上げます。

今回は年始の式典会場の設営をお手伝いさせていただきました。1000席を超えるパイプイス、そして式典の備品は圧巻です。イベントの規模問わず会場設営が可能ですので興味がある方は、是非、スガモトテントに!!

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。昨年末は株価も16,000円を越え、アベノミクスの効果が徐々に出始め、景気が上向いてきた感があります。本年も、この調子で推移してくれれば何よりです。当社の年初の一番のニュースは、主力商品のカーテンシャッター「アペリア」が本格販売されることです。1月1日から宮城県仙台市にも代理店が増えました。日本全国の主要都市部に販売網を広げ、幅広くお届けできる様になります。ひいては、新しい風を送ることで業界の活性化に繋がればいいなと思います。お客様のニーズをしっかりと捉え、より良い商品をご提供できますよう、精進してまいります。(営業課 大家康孝)

あけましておめでとうございます。本年もスガモトテントを宜しくお願いいたします。今年、平成26年は明るい年になってほしいですが、ちまたでは消費税増税を皮切りに増税ラッシュが待ち受けていて、あまり見通しが明るくないと思われがちです。が、ピンチの後にチャンスあり。この大増税時代は、逆風に負けない「地力」を付ける時代です。増税がひと段落すれば、鍛えられた「地力」も相俟って、後に訪れる上昇気流に一気に乗れますから。(前出竜太)