●パワーカーテン・シャット
当社オリジナル製品のパワーカーテン・シャットを、今回は大聖寺の青果市場(南加賀公設市場加賀分荷場)さんに取付けさせて頂きました。
目的は外部からの雨、風を防ぐことと、市場内を間仕切り、普段使用する物としない物に整理しすっきりとした空間をつくることです。
間柱のポールはアルミポールを使用し、動作も軽快です。


●カーポート取付
当社スタッフ菅本勇気の友人(中川様邸)の依頼により取付けしました。上部はもちろんの事、側面の風や雨、雪等の侵入を防ぐ波上のアクリルも取付けされています。



2月に行われた、子供達の作品展示会会場です。パネルは空間を仕切るといったイメージもありますが、使い方によってはこんなにも華やかな会場の演出にもなります。子供達の元気が伝わってきました。


言い間違い聞き違いと違いにはいろいろありますが…ネットで見つけたとびきりの実話(?)をどうぞ!

●資料請求
友人に就職活動の資料請求の際、「葉書に企業名の後は「様」ってつけるの?」と聞かれたので「御中(おんちゅう)の方がいいよ」と言ったら「○○会社Want You」と書いて本当に投函してしまったらしい。その後彼は「資料が届かない~」と嘆いていた。(新入社員を迎える時期ですが、新人さんは大丈夫ですか?)

●似ているけど・・
結婚した教え子から年賀状が届いた。「性が変わりました」
(あっと思い、編集後記で気をつけました…(苦笑))

●心の準備
父が入院することになって、病院に予約を入れて自宅で待機していたら、思わぬ早さで病院から連絡がきて、「明日から入院して下さい」。突然のことで心の準備が出来ていなかった父は思わず「今、ちょっと体の具合が悪いので、少し延ばしてもらえませんか」と言ってしまった。病院も何の疑問も持たず父の要望を受け入れた。(体の具合の悪い所を治すための病院ですよね!?)


寒暖の差が激しい今日この頃ですが、ようやく梅の花も咲き桜の蕾もふくらんでまいりました。春の足音がもうすぐそこまで聞こえています。
今回は、テント業界における教育や福祉への取組みをお伝えしたいと思います。テント屋が何をするの?と皆様思われるかもしれませんが、意外と使われています。学校関係ではプールサイドのテント、運動会や各種集会でのテントやグラウンドの防球ネット。細かいものでは飛び箱や運動マットの補修なども行っています。
福祉関係ではノンスリップマット(お年寄りの方が転ばないように)、階段などの段差解消におけるガードクッションなど、徐々にお問い合わせも増え、取付けをさせて頂いています。
未来を作る子供達、現在を作ってきたお年寄りの方々、どちらにも安全で幸せな暮らしのお手伝いが出来る事を大変嬉しく思います。(営業部:大家康孝)


インタビューでの幸松さんの「不況=普況」いい言葉だなぁと感じました。物事は捉えようだとも思います。
結婚して姓が田中から大坂に変わりました。約30年間慣れ親しんだ名前が変わるのは少し複雑な心境です…社内でもしばらく混乱しましたが、周囲よりも一番この名前に慣れていないのが自分自身だったりもします(笑)営業部:大坂栄日